記事の詳細

わたしが注目したのは、小学館の誤報です。
最近の出来事であれば、SMAPの解散騒動がありました。
その際に松本人志さんが、中居正広さんに助言したとして、
小学館が報道しましたが、偽りであることが判明しました。
そして公式サイトへお詫びを掲載してたことは皆さん周知のことだと思います。

また、過去にも安室奈美恵さんと
株式会社オン・ザ・ラインの社長である西茂弘さんの
男女関係や洗脳、独立問題を記事にした報道がなされ、
裁判になることがありました。

小学館は根拠のない出来事を報道し、公的な手段がとられる動きが見られると、
謝罪文を公表し、その場をしのぐといった手法をとっているように思えます。
はたして、このような手法が取られていいのでしょうか。
良いはずがありません。誤報が原因で危険な状態におちいる場合も十分に考えられるでしょう。
公共の場に身を置く人間の宿命と言われても、人権は守られるべきだとわたしは考えます。

ただ、これだけの誤報が飛び交う中で、いつまでも歯止めがかからないのは、
どんな手法をとってでも雑誌を売ろうとする小学館の企業体質なのかもしれません。
もし仮にそうだとすれば、小学館の未来は暗く閉ざされることになるのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る